一戸建ての中でも注文住宅というのは、マイホームを夢見る人にとって是非実現したいものですよね。しかし、建売の一戸建てに比べて、注文住宅は高そうなイメージがあるのも確かです。実際のところ建売と注文住宅の費用を比較した場合、思った以上の違いがないことがわかります。

注文住宅を建てる場合、最大のメリットというのは間取りやデザインを私たちが自由に設計することが可能という事ですね。希望する間取りが特殊であったり、防音室や地下室といった専門性の高い部屋を希望する場合は当然建材も高くつきますし、工賃も余分に必要になりますのでトータルの費用は高くついてしまいます。

その一方で、壁紙やドアといった細部にわたるまで自分で素材を選ぶこともできるので、グレードを下げてローコストに抑えることも可能です。その辺の融通が付くのが注文住宅の魅力なので、高くなるのも安くなるのも私たち次第といったところです。

一方で、建売住宅の場合はすでに完成しているものを購入するため、当然間取りの変更などはできませんし設定された販売価格での購入をしなくてはいけません。最近の住宅は私たちが住みやすいように設計されている事が多いので、こだわりが少ないのであれば特に問題はありませんが、完成までの過程を確かめられないというデメリットもあります。